So-net無料ブログ作成

るろうに剣心伝説の最期編の感想とネタバレ

本日
映画『るろうに剣心伝説の最期編』を観て来ました。
そこで今日は
『るろうに剣心伝説の最期編の感想とネタバレ』
と題して、るろうに剣心伝説の最期編の感想とネタバレを書いていきます。

でははじめましょう(^O^)/



スポンサードリンク






剣心が目を覚ますと剣心の師匠である比古清十郎の家にいた。
剣心は
このままでは志々雄に勝てないと悟り、
清十郎から奥義を教えてもらいたいと願いでる。
清十郎は了承する。

剣心は清十郎から
『大事なことは、生きようとする意思だ』ということを学び奥義を取得した。

一方、
剣心の知らないうちに、
志々雄の指示により幕府が剣心は指名手配にされていた。

剣心は、
幕府に捕まってしまう。
そして、伊藤博文のもとに送られる。
そこには斎藤の姿も。。

剣心のさらし首の儀式が始まろうとしていた。
しかし、
そして剣心に剣を振りかざす。
しかし切ったのは首ではなく縄だった。
そして、斎藤、佐之助と共に志々雄の黒船に乗り込んでいった。

途中、
剣心は宗次郎と戦うことになる。
剣心が、宗次郎に勝利。
剣心は宗次郎に言う。
『勝利したものが正解ということはない。答えはこれからの人生で自分で見つけるべきでござるよ』

そして、
剣心は志々雄のもとにたどり着く。互角に思われた闘いも志々雄が一枚上。

剣心が蹴り飛ばされる。
そこへ斎藤が登場。
斎藤もはいぼくしかけたそのとき、
佐之助が危機一髪斎藤を助けるも、佐之助もやられる。
そこへ今度は蒼紫が登場する。
そして四人で戦う。
が、剣心以外はやられてしまう。

最後は
剣心と志々雄の一騎討ち。
剣心が最後に、
奥義『天翔龍の閃き』で勝利。


そして、
無事剣心らは薫らの目の前に帰って来たのだった。


以上
今日は
『るろうに剣心伝説の最期編の感想とネタバレ』
でした。

最後までご精読ありがとうございます。


スポンサーリンク



2014-09-24 | 共通テーマ:映画 | nice!(3) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
kk
Copyright © 芸能ニュースプラスα All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。