So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。

本日、遅らせながら
映画「紙の月」
を観てきました〜!
yjimage.jpg
http://waniyamasan.blog.fc2.com/blog-entry-960.htmlより引用

そこで今日の
『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』
と題して、
ネタバレを公開するとともに、
最後に
評価と感想
も公開していきます!

では始めましょう!!!!!




スポンサードリンク







映画「紙の月」のネタバレとは???????

まずはキャストを確認

梅澤梨花 : 宮沢りえ
梅澤正文 : 田辺誠一 →梨花とは夫婦
平林光太 : 池松壮亮 → 大学生
隅より子 : 小林聡美 → 梨花の上司
相川恵子 : 大島優子 → 梨花の同僚
井上佑司 : 近藤芳正 → 梨花の上司

となっています。

『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』


梨花は
現在
ある銀行の派遣社員である。
初めはバイトから始めたのだが、
現在四年目である。

梨花は
真面目であり、
そつなく仕事をこなす姿に会社の評判も高かった。

プライベートでは、
どこか不満を抱えていた。
子供はいない。
確かに正文は優しく接しはしてくれるのだが、
愛情をあまり感じない。
さらに、
どこか上から目線を伺える。
梨花の仕事も
お遊び程度だと思っているようだった。

ある日
営業先で
光太と出会うのだった。
光太は営業先の孫だった……

『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』


それから
会社の帰りにたまたま
光太に会う。
簡単に挨拶だけして帰ろうとする梨花だったが……
光太が後ろから追いかけてくる。
しかし、
光太は話しかけるわけでもなく、
遠くから見ているだけだった……

それからというもの、
梨花の前に
何度も光太が現れるようになる。
光太は梨花に恋心を持っているようだった。


『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』


そんな
ある日のこと。
花笑が営業の帰りに寄った化粧品店。
一万円足りなかった………
そして
ついに梨花はやってしまう…
営業先からもらったお金から一万円を抜き取ってしまったのだ……

それからすぐに銀行からお金を引き出して返しておいたのだが…………

この一つの行動が
梨花の人生を変えることになるのだった……
一度踏み外してしまうと大きく逸れていくものだ……

そして、
梨花のどこかかおかしくなってしまった。
その夜、
光太と一夜を過ごすことになる。

それからというもの
梨花は正文にバレないように
光太と何度も会うようになる……

梨花は
光太が莫大なる借金をしていることを知る。
その借金は大学の授業料だった。
さらに
光太は授業料が払えないことを理由に大学を辞めようとしていた。

梨花は
光太を助けてあげたいと思い、
またもやお客のお金に手を出してしまう。
その額は
300万円!!!!!

その300万円を一応は貸すというかたちで
光太に渡す。
光太は初めは受け取らなかったが、
最終的には感謝して受け取る。

そしてここでマズイことがひとつ起こる。
光太は梨花を金持ちだと勘違いしてしまう。

それからというもの
梨花は光太にお金持ちであることを装わなければいけないことになって……


『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』



次々と
会社のお金を持ち出してしまう……
光太と
旅行に行ったり、
車を買ったり、
部屋を借りて、
いろいろと贅沢な暮らしをしていた。

徐々に
光太もお金持ち気分になっていき、
性格が少しづつ変わっていく。

そんなある日
梨花は光太の浮気現場に遭遇してしまう。
そして
光太との関係が終わる……

梨花は我に戻るように
大きな後悔、
罪悪感が込み上げてくる……
もう後には戻れない。
かなりのお金を使い込んでしまったのだ…

そんな中
より子が梨花が不正をしていることに勘づく。
そして、
銀行の部長らは
梨花をある部屋に呼び出し、
事情聴取を始める……

初めは、
事を大きくしないようにと考えた上の者たちだったが、
額の多さに腰を抜かす。
2〜3000万円を超えていた……


『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』


梨花は
一瞬の隙をついて、
窓をぶち破り逃走する……

そして
時は経ち……

梨花は東南アジアの国に逃亡していた……

以上で
映画「紙の月」のネタバレはおしまいです。


『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』



では
映画「紙の月」の評価は???????

7!!!!!
10段階です。


映画「紙の月」の感想は???????

とりわけ大きなアクションもなかったが、手に汗握る感じで、
あっという間に時間が過ぎました。
この映画から
学ぶべきは
「楽しいことだけして生きていけ」
です。
梨花は
退屈な日常を我慢して生きすぎていた。
ゆえに
その反動でおおきく道をそれてしまった。
だから
普段からは
楽しい事ばかりをしていればこんな展開にはならなかったように思われる。

あなたは
土日だけ楽しい人生を送っていませんか???????


以上今日は
『映画「紙の月」のネタバレと評価と感想とは?結末も。』
でした。
最後までご精読ありがとうございます。


スポンサーリンク



タグ:映画 紙の月
2014-11-21 | 共通テーマ:映画 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
kk
Copyright © 芸能ニュースプラスα All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。